玉置

玉置の仕事場

SERIES

衿グリは衿が作る
全1回

衿グリを作り、それに合った衿を作る。この考え方は、衿と衿グリを別物として扱っていることにお気づきでしょうか。衿グリとはあくまでも衿が取り付けられた位置であり、取り付け方が変われば、当然のことながら衿グリも変化しなければつじつまが合いません。衿と衿グリは常にふたつでひとつの関係です。衿グリは、衿が付いた結果として出現する必然的なものであって、そこにはどうしてこのような衿グリになったかという根拠があります。ふたつを別物として考えるパターンメーキングは、曖昧で根拠の無い絵空事です。 SEE MORE

アームホールと袖の基本
全3回

みなさんが行っているメソッドは、200年以上前に考案された化石のような方法論です。AIやロボットがクリエイティブをやる時代に、人間にしかできない服作り、パターンメーキングが必要だと思いませんか。「衿グリは衿が作る」「袖グリは袖が作る」玉置メソッドの真髄がここにあります。人間にしかできない、値打ちある方法論です。 SEE MORE

NEWS

iPM LECTURE 募集開始

イラレを習得しよう!

SEE MORE

メルマガ登録

メルマガ登録のご案内

ワークショップ開催のご案内や新ネタアップのお知らせなど、最新情報はメルマガで配信されます。参加申込など、先着順で締切となるケースが多いため、メルマガを登録して最新情報をいち早くゲットしてください。

 

メルマガ登録をご希望の方は、こちらのフォームより手続き可能です。過去のメルマガ登録にはID登録欄がありませんでした。2018年以前にメルマガ登録された方の中で新たにID登録を希望される方は、再度メルマガ登録をしてください。メルマガ配信停止をご希望の方は、こちらより手続き可能です。

簡易プロフィール

玉置 浩一

1955年、東京世田谷生まれ。
1975年、メンズビギ入社。デザイナー菊地武夫氏に師事し、パリコレクションのスタッフとして現地勤務。
1981年、渡米。本場のワークウェア、アウトドアウェアを学び、82年に帰国。その後メンズビギのチーフパタンナー就任。独自のグレーディング理論と、メンズのドレービング技術を確立する。
1990年に独立し、アークティックカンパニーを設立。ヨーロッパ最大のダミーメーカー KENNETT & LINDSELL 社との技術提携によりメンズ用ドレービングダミーの販売を開始。
1991年、THE NORTH FACEのチーフパタンナーに就任。
1996年、 i PM システムを開発。
2000年、シーゲル設立。 i PM システムの普及活動を開始。
2020年、30年携わったTHE NORTH FACEを卒業。現在に至る。

SEE MORE