title
HOME I WEBレクチャー I 玉置の考え I 経歴



  稽古場カリキュラム

シャツ完全マスター
美脚パンツを極める(作成中)

   

  シャツ完全マスター



  受講時間 : 全56時間
受講料 : 一般 : ¥168,000(税抜き価格)
受講料 : 学生 : ¥84,000(税抜き価格)
 

  授業の主な内容と消化時間(時間は目安)
・玉置の実演見学 8:00 h
・袖作りの基礎 4:00 h
・衿作りの基礎 12:00 h
・ボディー作りの基礎 4:00 h
・身頃作りの基礎 8:00 h
・実践シャツ製作 20:00 h
   
  このページのトップへ

 
玉置のパターンメーキングの大きな特徴のひとつは、衿付けと衿グリ、袖と袖グリが、どちらも不可分であるという考え方です。したがって衿グリは衿が決定し、アームホールは袖が決定するという理論が生じるわけですが、こう考えることによって、パターンメーキングが飛躍的に簡単になり、作業スピードと効率が驚くほどアップします。そして何より、平面では習得できなかった、パターンのメカニズム、構造、必然性を、論理的に理解できるようになります。

TEEシャツからテーラードジャケットまで、トップスのアイテムは星の数ほどあります。しかしこの方法論の基礎を学ぶ上で、シャツに勝るアイテムはありません。なぜならシャツは、テーラードジャケットのように、アイロン操作でシルエットを作るといったテクニックを、使うことができないからです。つまり純粋にパターンテクニックのみで、完成度を高めなければならないアイテムだ、ということです。それはつまり、パターンテクニックの基礎が凝縮されている、ということでもあります。

シャツをマスターすることで、トップスの多くのアイテムに、そのテクニックを応用できるようになります。トップスのパターンメーキングを根本的に学びたいと考えている方にとって、シャツ完全マスターは、最適のカリキュラムになるでしょう。玉置の稽古場を体験される方は、まず最初にこのカリキュラムを受講していただきたいと、僕は考えています。参考までに、過去に受講されたみなさんのレビューを記します。
   
  このページのトップへ

  受講生レビュー

<27歳 女性 パタンナー歴 0 年>
この度は本当にどうもありがとうございました!!終わっちゃったことがさみしですー。毎回毎回本当に楽しくて、充実した講習でした。玉置さんもめっちゃ優しいし、ちゃんと褒めてくれるので(笑)、もっと頑張ろうっていう気持ちになります。褒めてもらえるってすごく大事だなと思いました。甘々なのもそれはそれでどうかと思いますが、あんまり厳しいとやっぱりやる気もなくなるし、モチベーションも下がってしまいますしね。でも、人を褒めるってなかなかできないことだと思うので、ちゃんと褒めて伸ばしてくれる玉置さんの教え方と人柄は本当に尊敬しますし、素敵だと思います。 パタンナーになりたいというまた新たな目標もできたので、毎日がワクワクしてます。この歳になってこんなにやりたい!と思えることに出会えて本当に幸せだなーと思います^ ^またこれからも色々とお世話になる予定ですが!(笑)よろしくお願い致しますm(__)m

<24歳 女性 N.Y FIT 学生>
現役のプロのパタンナーの方に直接ご指導をいただく機会は滅多になく、本当に貴重な経験となりました。正しいドレーピングの考え方やAdobeイラストレーターでのパターンメイキングは他では得られない玉置先生ならではの教えであり、服作りのプロセスをより論理的かつシンプルに考えていく事が出来るようになりました。 先生はおおらかなお人柄でありながらも指導は大変きめ細やかで、縫製やアイロンかけ等のトワル製作につながる全てのことを一から丁寧に教えてくださりました。また内容についても質問をすればするほど理解が深まり、親身になってこちらの問題をその都度考えてくださる指導方法も稽古場ならではの環境だと感じました。開始前とは比べ物にならないくらい知識が増えました。

<女性 パタンナー歴 7.5 年>
自分の尊敬してるパタンナーの方に教えて貰えるという事で不安もありましたが、おもいきって受けてみました。ドレーピングのコツなど丁寧に教えて頂いたのは勿論ですが、メカニズムを詳しく教えて頂いたのでシャツだけではなく色んなアイテムに応用できます。また、トワルを組んだ後の検証がとっても勉強になりました。いかに、平面からだと完成度が上がらず、遠回りをしていることが分かりました。自分の常識が覆され、たくさん吸収でき、とっても楽しかったです。

<女性 パタンナー歴 20 年>
題名の通り「稽古場」で手を動かしながら、ひとつひとつの工程を確認しながら学ぶ事が出来ました。私の感覚として ドレーピング、トワル組み立て→完成→清書CAD だった捉え方が変わったのが大きいです。ここからは応用編です。どうもありがとうございました。
   
  このページのトップへ
Copyright Koichi Tamaki